スーツの汗汚れを落とすには

夏に外回りが多い営業マンがスーツを着ているとどうしても大量の汗をかいてしまいます。汗をかいてしまうとスーツは汗の水気で型崩れしてしまいますし、汗臭くなってしまいます。スーツは毎日のように洗うことが出来ません。またドライクリーニングという方法は汗臭さについてはあまり効果的ではないのです。

汗をかいてしまったら早めにお手入れをしなければなりません。最初にスーツの裏に乾いたタオルをあてがっておきます。そして表側から濡れたタオルで汗がしみこんだところをたたきます。そうすることで、裏側のタオルに汗を吸ってもらいます。

首の回りなどのたくさん汗がしみこんでしまっているところはタオルをお湯でしぼってやさしくふいていきます。そして乾いてしまっている部分にも汗は残っていますので霧吹きを吹きかけ濡らします。濡れたら乾いたタオルでふきとります。そうしたら風通しのいい日陰の部屋で干しておきます。

殺菌消臭スプレーを吹きかけておくのも良い方法です。近年クリーニング店では汗抜きサービスなど汗の問題に対応するサービスを提供しているところも増えています。丸洗いができるものであれば水洗いも効果的な方法の一つです。とはいえ水洗いはどうしても縮んでしまったり型崩れをしてしまったりします。

というわけで毎日のタオルを使ったお手入れを続けていき、なるべくなら水洗いが必要となる機会を少なくしてゆくというのが、スーツを長持ちさせる方法です。

Filed under: ファッション/アパレル/装飾品, 今池駅, 洋服お直しTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website