スーツのお手入れについて

スーツは普段のお手入れが大事です。着終わったらその度にクリーニング店にお願いしているという方は多いです。月に一度といった一定期間でクリーニング店にお願いして行うお手入れは問題がないのですが、着終わったらその度にクリーニング店にお願いしてしまうと服が傷んでしまうのです。クリーニング店が使っている洗剤は、つややかさを保つ油で構成された成分を洗い流してしまうのです。

そのため、つややかさが失われてテカテカしてしまいます。スーツのつややかさを保つには、自分の家でお手入れをする事が大事です。一番大事なお手入れは一日着たら二日間は着ないでスーツを吊るしておくことです。スーツにはウールが織り込まれています。

ウールは皺やよれを元通りに戻す力があります。一日中着て出来てしまった皺やよれを二日間は着ないで吊るしておくことで元通りに戻す力が働いて、元の型に保ち続けることができます。元通りに戻す力を活かすためにも毎日着続けない事が大事です。自分の肩の幅に合う衣紋掛けに吊るして、ブラシをかけてお手入れします。

ブラシをかけたら霧吹きでわずかに湿らせます。そのあと通風が効く場所で乾かします。しっかり刻まれてしまった皺は衣紋掛けに吊るした状態のまま蒸気アイロンや蒸気ブラシをやさしくあてがって伸ばしていくことで消していきます。このようなお手入れ方法を普段から続け、スーツをいつもいい状態に保っておくことが、とても大事なことです。

Filed under: 札幌駅, 洋服お直し, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website