スーツの保管も考えて

就職活動などに着用していたスーツもあれば、社会に出て日常的に着用するものもあることでしょう。大人になれば少しずつスーツの数も増えてくるのですが、保管方法もきちんとしていかないとしわやシミがそのままになってしまい、あっという間に生地などが傷んでしまってまたすぐに購入しなくてはいけないというような事にもなりかねません。基本的な保管方法としては、まずジャケットに関しては厚みのあるもので形に合うようなハンガーを用意してそこにかけます。外出後はほこりやチリなどの汚れが付着していますのでブラシを使って丁寧に取っておきます。

パンツに関してはクリップ型のハンガーを用意して、落ちないようにして留めておきます。ブラシをかける時には上から下に向かって行い、汚れを取ります。しわが気になるようであれば別途スプレーなどをかけて対処をしましょう。クリーニングから戻ってきたスーツですが、そのまま保管するのはやめましょう。

袋に入れてあることが多いのですが、湿気がこもってしまってカビなどの原因になってしまいます。ビニール袋を外してからいつもと同じように基本の保管を心掛けましょう。出張などのために出したものが返ってきた場合には、出してから折りたたんで鞄等に入れるよりビニール袋に入れたまま畳んでおく方がしわなども付きにくいです。利用したい状況を考えながらスーツを保管することで、綺麗な状態で着用を続けていくことができるのです。

Filed under: 大通駅, 洋服お直し, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website