スーツを上手に保管する

スーツを着て仕事をすることによって、身が引き締まるような気持ちになる事が出来、仕事への意欲もわいてくるようになります。毎日着るスーツだからこそ、少しでもいい状態で着るようにしておかなくてはなりません。スーツをいい状態に保つためには、家に帰ってからの保管の方法が重要になります。脱いだらそのまま床に脱ぎ捨てるような事をしてはいけません。

いくら仕事で疲れているからと言っても、そんな状態にしておけば、しわも入ってしまう事になりますのでよくありません。家に帰ってからもう一仕事と思って、スーツを大事に扱うようにしましょう。スーツを脱いだら、必ずハンガーにかけるようにすることです。その際に使うハンガーは、肉厚のあるハンガーを選ぶようにして、肩の部分がフィットするようなものを使用するようにしておきましょう。

肩の部分がしっかりとしているハンガーでなければ、型崩れをしてしまう事になってもいけません。形を保てるようなものを使用することによって、いい形をキープし続けることが出来るのです。そしてパンツに関しては、クリップの付いたハンガーを使用するようにしておきましょう。パンツの裾部分をクリップではさみ、逆さにして吊るすようにします。

そうすることによって、自然とシワが伸びていくようになるのです。型崩れをすることなく、しわの入っていないものを着るようにしておくことで、仕事への意欲もどんどん高まっていくようになるはずです。

Filed under: 洋服お直し, 生活/暮らし, 西宮北口駅Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website